□  2017.06 □ 
05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:-- スポンサー広告TOP
ヒースロー(ロンドン)に着いた時、乗りつぎ便の搭乗ゲートは決まってませんでした。

後で知ったのですが、テロ対策とかで搭乗ゲートが確定するのはフライト45分前くらいらしいです。

だから、ゲート番号が出るべき場所には、「何時にゲートが決まるよ」と言う意味で(たぶん)時間が書かれてました。

その時間は、まさにフライト45分前の18:55。

もちろんヒースロー到着時点ではフライトまで3時間くらい時間があったので、不安に思うこともなく、「ああ、たぶんあの時間にゲートが決まるのね」なんて思いながら、ベンチに座って姉とのおしゃべりに時を過ごしました。(一個前の記事に2時間って書いたけど、3時間だった。長!)


その間当然飲み物はなく、機内で食べなかったマフィンやチョコバーを食べ。

座ったベンチの目の前にあったサングラス屋さんのショーケース修理を眺め。(また彼らが修理の合間にコーヒーブレイクばっかり取ってるのをひもじい思いで眺め)

気疲れしたのか、姉はいつの間にかうとうとし出し。


やっと運命の18時55分。



張り切ってモニターを見に行ったのですが。



ゲート番号のところには、相変わらず18:55。


イヤ~な予感がし出します。


その後も何度も見に行き、やっと表示が変わったものの、モニターに書かれていたのは、


搭乗ゲート19:15  (もちろん英語ですが)


ああ~・・・・遅れるのね(涙)


時間通りの19:40フライトでも、マドリッド到着予定時刻は23:00だったので、ド深夜(?)になること決定です。


私は機内で結構寝たせいか、余り眠くは無かったけど、機内で眠れなかった姉は限界だったようで、ベンチに伏せるようにして寝てました。



そして更にその後も、何度かゲート発表時間の変更があり。(もちろんどんどん遅れていく)


結局ゲートが決定したのは、当初の出発予定時間の1時間後くらいでした・・・・


当然そのころには、出航時間も変更されてました。


ゲートに移動し、またしばらく待って搭乗手続きをして機内に乗り込み、実際に飛び立ったのは、予定より2時間くらい遅れていたと思います。


結局ヒースローには5時間近く滞在していました・・・・



そしてここでも姉には心配事が。

実はマドリッドの空港からホテルまではオプションで送迎を付けていたのですが、予定時刻より2時間も遅れて、果たして待っていてくれるのか?!と言うこと。

もちろん旅行行程表には現地緊急連絡先も記してあったので、私は「いなかったらここに連絡すればいいんでしょ?日本語通じるだろうし、大丈夫だよ」と言っていたのですが、姉はそれでも心配だったみたいです。(普段はそんなに心配性な人じゃ無いんだけど・・・やっぱり責任感なんでしょうか)





さて、やっとマドリッドに向けて飛行機が飛び立ちましたが、この飛行機のフライトが辛かった!

国際線とはいえ短距離なので、やや小型の飛行機。

そのせいなのかなんなのか、なんだか脚がすごくむくむのです。

成田からヒースローまではさほど辛くなかったのに、ヒースローからマドリッドまでの2時間ちょっとのフライトが非常に辛くて、脚が破裂すんじゃないかと思うくらい。

ずっともぞもぞ動いてました(怪しい人)



真っ暗な中飛んで、やっとスペインの地へ到着!

正直、このころにはさすがの私も意識朦朧としていたので、余りちゃんと憶えてないのですが(笑)マドリッドのバラハス空港に着き、シャトルバスのような電車のようなものに乗ったような気もします。いや、違うかも・・・

で、通常通り入国審査を受け、荷物も無事に出てきて、いざ!空港を出る!


この時、深夜の1時過ぎ。


空港出口には、それでも数人の出迎えの人が。


ざっと見回して・・・・やっぱり私たちの名前を書いた札を持っている人がいない・・・と思った時。


「あ!あれ!!」

姉が叫びました。


姉が駆け寄るその人は、アルファベットで書かれた私たちの名前の札を・・・・・



逆さまに持っていました。しかも字が汚いから読めねーっつの



無事に送迎の人とも会うことが出来、「待っていてくれてありがとう」と姉が英語で言ってみるも、どうやら彼はスペイン語しか出来ないらしく、姉はカタコトのスペイン語で何か言っておりました。(それがなんと言っていたか私には理解不能)


とにかく、彼の車に乗り込んで(名前を聞いたが、忘れた)、夜のマドリッドの町をドライブし、やっとホテルへ到着。

長い時間待っててくれたし、スーツケースも持ってくれたし、と言うのでチップを2ユーロ渡しました。(本来は不要なんですけどね。でも彼も受け取るしね)


さて、次回やっとホテルにチェックインです。(行きの飛行機ネタだけで3個も記事書いてしまった・・・)

スポンサーサイト

banner2.gif 応援して頂けると嬉しいです☆(1日1回有効です)


2007.12.16 (Sun) 00:16 2007 スペインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
RECENT ENTRIES+COMMENTS
WANT!

この間の旅行でスーツケースが壊れまして(笑) 軽いの探してます。
RECENT TRACKBACKS
SEARCH

SPONSORED LINK
PROFILE

みい

Author:みい

SPONSORED LINK
VOLUNTEER


How is this?

ロマンチック・・・かな?

« 真夜中のチェックイン  | HOME |  成田→ヒースロー »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。