□  2017.06 □ 
05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:-- スポンサー広告TOP
やっとマドリッド市内のホテル・レヘンテ(REGENTE)にたどり着き、チェックイン。

ヨーロッパタイプの小さなホテルで真夜中なのに、フロント(レセプション?)には2人のスタッフがいました。

ホテルマンはさすがに英語が出来るので、チェックインは姉に任せて、私は荷物番です。(って、スペイン語オンリーだったとしても私は役に立ちませんが)

パスポートを出せと言われたので、フロントスタッフにパスポートを渡しました。(たぶん警察か何かに滞在を届けるんだと思います。イタリアもそうでした)

もちろん、コピーを取って、すぐに返してもらえます。

と、ここで私は突然思い出しました。



スペインは他の多くの国と同じく、旅行者はパスポートの携帯を義務づけられているのですが、スペインには日本人をターゲットにした「首絞め強盗」なるものが出没するため、日本人に限ってはパスポートのコピーを携帯していれば良い、と言うことになっているのだそうです。

で、日本を発つ前に、「パスポートのコピー取らなきゃ」と散々話していたのにすっかり忘れ、私は日本を発ってしまったのです。(姉は事前に取ってあった)


なので、

「私もパスポートのコピーが欲しいです」

と、教科書のような英語で言ってみました。

スペインの地で初めてしゃべった英語です(笑)


無愛想ながらも快くコピーをくれました。



やっとチェックインを済ませ、部屋へ。

カードキーではなく、昔ながらの重たい鍵です。

ちなみにドアは

spain hoteldoor  spain hotelsyoukaki(消化器が丸っこくてかわいい)

こんな感じで、ノブがドアの真ん中にありました。

ノブと言っても回らないので、ただの取っ手みたいな感じです。

このドアの開け方が最初分からず、姉と二人でああでもないこうでもないと真夜中の廊下で試行錯誤している内、なぜか近くの非常口のドアがピーピー鳴りだして、かなり焦りました(笑)

結局、鍵を回しながらドアを押す、と言う開け方でした。(書くと簡単そうなんですけどね・・・ドアが重いので、軽く押しただけでは開かないので分からなかったのです)



ヨーロッパのホテルではシャワーのお湯が出にくいことがある、と過去の旅行で学んでいたので、私は部屋に入ってまず最初にお湯の出をチェックします。

このホテルは非常にお湯の出が良く(ついでにトイレの水の量も申し分なく)、シャンプーなどを置く台もちゃんと付いてて、今までのヨーロッパ圏のホテルでは一番良かったように思いました。


ところが、もう一つチェックすべきところ・・・セーフティボックスが。

これまた使い方が分からず、二人でああでもないこうでもないと、試行錯誤。

英語の説明通りに操作してるのに、全然使えないんです!

結局諦めて、姉がフロントへ聞きに行きました。


結果。


なにやら「ピン」をセーフティボックスのドアの上に差し込んで、それがロックするらしいんですが、その「ピン」はフロントで申し込まないともらえないのでした。(そのことどこかに書いておいてくれよ・・・と思ったのですが。スペインでは一般的なのかしらね?)

しかも有料・・・と言っても、「デポジット」ってやつで、チェックアウトの時に返金してもらえるんですけどね。




やっとセーフティボックスが使えるようになり、さっさとシャワーを浴びて寝よう・・・と、私が先にバスルームへ。

と、なんとここで!!!!


私の大嫌いなにょろにょろした虫に遭遇してしまいました。

シミという虫で、日本でも見た事があります。


あ~、日本で散々悩まされていたヤツらの親戚に、こんなところでも会ってしまうとは・・・・(涙)


「写真撮ろう」と思う間もなく、条件反射でぷちっと確保し、さようならをしてシャワーを浴び・・・ると、ここで盲点だった問題発覚。


お湯の出はすこぶる良かったのですが、対して排水がよろしくなかった。

全身洗い終えた頃にはバスタブの中に5センチくらい水が溜まってしまい、仕方なく排水溝に詰まった自分の髪の毛を掃除して、排水するのを待ってから足だけもう一度軽く洗って出ることになりました。(しかも毎日)

めんどくさい。

でも、このホテルはたぶんどの部屋も同じだと思うし、まぁ、お湯の出は快適なので、これくらい仕方ないでしょう・・・


そして、私がシャワーから出た時には、姉はすっかり夢の中でした。


ちなみに、姉は実家に一緒に住んでた時からいつも、夜ちゃんとベッドに入らずうたた寝状態で寝入ってしまうため、

「お姉ちゃん!風邪引くから寝るならちゃんと寝て!ほら、コンタクトはずして!!」

と毎晩のように家族の誰かから言われてます。


対して、私は寝起きが非常に悪いので、

「mii!いいかげんに起きて!!遅れちゃうよ!!!」

と毎朝のように家族の誰かから言われてました・・・(今では夫は私を起こすのを諦めて、私が寝坊しても一人で朝食を食べて出勤していきます・・・ごめんよ~kic)


私たち姉妹の朝晩の状態は、スペインに来ても同じでした。(しかも毎日)

この夜も同じように、姉を何とか起こしてコンタクトだけははずさせました。

ホテルの部屋には時計が無く、なんとテレビが目覚ましになるのです。(もうひとつのホテルでもそうだったので、これもスペインでは一般的なんでしょうか??)

この使い方もかなり手間取りましたが、なんとか使いこなして、やっと就寝しました・・・・


スポンサーサイト

banner2.gif 応援して頂けると嬉しいです☆(1日1回有効です)


2007.12.20 (Thu) 16:20 2007 スペインCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
RECENT ENTRIES+COMMENTS
WANT!

この間の旅行でスーツケースが壊れまして(笑) 軽いの探してます。
RECENT TRACKBACKS
SEARCH

SPONSORED LINK
PROFILE

みい

Author:みい

SPONSORED LINK
VOLUNTEER


How is this?

ロマンチック・・・かな?

« 一日目~セビリアへ~  | HOME |  ロンドンでの長い夜 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。